2016年08月29日

Wi-Fi無線帯域「2.4GHzと5GHzの違いについて」

無線LANでは、対応している機器ですと無線帯域として 2.4GHz と 5GHz がつかえます。もともとWi-Fiで使える帯域は 2.4GHz だけでしたが、最近の通信規格では 5GHzも使えるようになりました。(つまり、旧世代のWi-Fi機器では 5GHz に対応していません。)
一部のひとの中には、5GHzのほうが 2.4GHz より優れていると思っているかたがいるようですが、実際はそれぞれに長所と短所があります。そこで、ここでは 2.4GHz と 5GHz の長所と短所について簡単にご紹介します。
無線
帯域
長所
短所

2.4GHz
・壁や床などの障害物に強い。
・電波が遠くまで届きやすい。
・Wi-Fi端末のすべてが対応している。
・この帯域を使っている製品が多いので、他の製品の影響をうけて混雑や不安定 になり易い。(室内の電子レンジやコードレス電話ばかりでなく、近所のWi-Fiなどの電波の影響を受ける場合もある。)

5GHz
・同じ帯域を使っている製品がほどんとないので、非常に繋がりやすく安定 している。
・2.4GHzと比較してより、通信速度が速い。
・2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなる。
・古いWi-Fi機器の場合、5GHzに対応していない場合がある。

2.4GHzと5GHzは、自分の利用環境により使い分けたほうが良いということになります。
--
posted by AKI at 12:46 | デジモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする