2017年02月23日

ギガ(GB)って何?

スマートフォンを使っているとギガという表現がよく出てきます。(犬の名前をギガにしている CM もあります。)ギガはギガバイト(GB)を略して表現しています。データ通信を使うときやデータを保存するときなどに使う使われているのですが、「ギガがなくなった」なんて使い方をしているひともいます。そこで、簡単にギガについて説明します。
データの容量を表現するときには、Byte(バイト)を使います。
1バイトは半角文字1文字分のデータになり、全角文字は2バイトになります。
1Byte を 1B と表現します。
CM などで見かけるギガは、ギガバイト(GB)のことであり、サイズはつぎのようになります。
1KB(キロバイト)= 1,024B (あるいは1,000B )
1MB(メガバイト)= 1,024KB(あるいは1,000KB )
1GB(ギガバイト)= 1,024MB(あるいは1,000MB )
1TB(テラバイト)= 1,024GB(あるいは1,000GB )
つまり、スマホで言うギガとはデータの容量を表現しているわけです。具体的には、データ通信量やストレージ容量などがあります。(ストレージには、本体内のストレージやクラウドストレージなどがあります。)メモリもサイズもGBで表します。

データ通信量を表すのには、パケットという単位もあります。
データ通信量 KB/MB をパケット数に変換すると次のようになります。
1パケット=128バイトですので、次のようになります。
・1KB(キロバイト)= 1024B = 8パケット
・1MB(メガバイト)= 1,024KB = 8,192パケット
--
posted by AKI at 23:44 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする