2017年04月01日

「Chrome」をQRコードリーダーとして使う方法

iPhoneの Webブラウザアプリ「Chrome」は QRコードリーダーとして使うことができるのでご紹介します。
iPhoneの標準搭載の「カメラ」アプリには QRコードを読む機能はありません。
そこで、iPhoneで QRコードを読むには、そのような機能があるアプリを使うことになります。
そこで、役立つのが、Webブラウザアプリ「Chrome」です。
手順は次のようになります。
まず、Spotlightで「QR」と検索します。
Spotlightはmホーム画面で指を上から下に滑らせて検索窓を表示できます。
検索窓に「QR」と入力すると、「Chrome」のアイコンとともに「QRコードをスキャンします」と表示されるので、タップします。
QRコードを四角い枠の中に入れると、QRコードの情報が自動的に表示されます。
青いリンクをタップすると、サイトへジャンプできます。
一番下のURLをタップすると、Googleで検索もできます。
--
posted by AKI at 12:50 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする