2017年05月08日

MVNO 提供の「格安SIM」に関する注意点

東京都が、「格安SIM〜乗り換え前に押さえるポイント〜」をサイトで公開しています。MVNO(仮想移動体通信事業者)提供の格安SIMを検討されている方は参考になるかもしれません。
以下、引用です。
【利用前の注意】
■メールアドレス
「docomo.ne.jp」「softbank.ne.jp」「ezweb.ne.jp」などのキャリアメールは使えません。
■「データ通信SIM」と「音声通話SIM」の違い
SIMには、「データ通信SIM」と「音声通話SIM」があり、データ通信SIMの場合、音声通話はできません(アプリで対応)。
■通信速度
MVNOは大手キャリアと比べて回線容量が少ないため、通信量や通信速度に制限をかけている場合があります。
■大手キャリアを解約して乗り換える場合
解約手数料がかかる場合があります。また、MNP(番号移行)にも手数料がかかります。
端末代金を分割払いしている場合は、残額を支払う必要があります。
【利用時の注意】
■接続設定
端末にSIMを挿入しただけでは使用できません。初期設定を自分で行う必要があります。
■端末
端末は自分で用意する必要があります(端末とSIMをセットで提供しているMVNOもあります)。
その場合、SIMの通信方式・周波数帯が一致しないと、通信できない等の不具合が生じる場合があります。
■SIMについての問い合わせ
実店舗がない場合、端末の不具合等は、メールや電話での対応となります。
■端末についての問い合わせ
自分で端末を用意した場合は、購入した会社・メーカーに修理を依頼する必要があります。

※東京くらしWEBのホームページ
格安SIM〜乗り換え前に押さえるポイント〜 
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/trouble/trouble48-cheapsim-151201.html

※国民生活センター
2017年4月13日 国民生活センターが「こんなはずじゃなかったのに!“格安スマホ”のトラブル−料金だけではなく、サービス内容や手続き方法も確認しましょう−」を公表していますので、これも参考になると思います。
--
posted by AKI at 14:50 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする