2017年08月10日

softbank回線対応格安SIM

softbank回線対応の声通話付き格安SIM(MVNO)が、提供されます。これまで、MVNO が提供している声通話付き格安SIMは docomo回線と au回線に対応したものだけでしたが、ようやく softbank回線に対応した声通話付き格安SIMが提供されるわけです。

1.日本通信
日本通信は、8月16日からSIMロックのままのsoftbank提供 iPhone で使える音声通話付き格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」を提供開始します。取り扱いは、全国の家電量販店やiPhoneの修理専門店、総合オンラインストアです。
対応機種は、iPhone 5以降の全モデルです。
次のようなプランがあります。(金額は税抜きです)
・通話 料金は5分以内無料で、5分超過後は10円/30秒。
・データ通信
 1GB:2450円
 2GB:2800円
 3GB:3150円
 4GB:3500円
 5GB:3850円
・番号ポータビリティ(MNP)転入の受付開始は8月22日。
申し込み先:「b-mobile S スマホ電話SIM

2.U-mobile
サービス開始当初の対象機種は、iPadは全機種、iPhoneはiPhone5以降。
データ通信専用のnanoSIMカードのみの提供。
公式サイト(詳細情報):「U-mobile

3.スマモバ
全ソフトバンクのiPhone、iPadに対応予定のようですが、当面は一部の端末が対象。
データ通信専用のnanoSIMカードのみの提供。
公式サイト(詳細情報):「スマモバ

※MVNE(Mobile Virtual Network Enabler)とは、MVNOのための一次卸受け会社になり、IIJやfreebit、日本通信などがあります。
--
posted by AKI at 14:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする