2013年10月17日

【小技】iPhoneとGoogleカレンダーの同期設定



iPhoneとGoogle両方ともスケジュール管理ができる「カレンダー」が無料で利用できます。個々に利用しても便利なのですが同期させるとさらに有効に利用できます。自宅や会社ではパソコン、出先ではiPhoneと使い分けることが可能になります。両カレンダーを同期させる手順をご紹介します。

iPhoneの設定
(1)「設定」を起動。
(2)「メール/連絡先/カレンダー」を選択。
(3)「アカウントを追加…」を選択。
(4)「Google」を選択。
次画面が表示されるので次のように各項目に入力。
・名前:任意です。例)googlecalendar
・メール:同期したいGoogleのメールアドレス入力。例)bluexxxx@gmail.com
・パスワード:Google IDのパスワード入力。
以上を入力して画面右上の「次へ」を選択。
同期したい項目をオンにします。
今は「カレンダー」だけをオン。(後で自分の利用に合わせて追加してください)
画面右上の「保存」を選択します。
以上で設定は終了です。
「設定」の「メール/連絡先/カレンダー」の中に「bluexxxx@gmail.com(カレンダー)」が追加されています。
試しにiPhoneのカレンダーを起動させると、IDがbluexxxx@gmail.comの Googleカレンダーの内容が反映されていると思います。(反映されるまで時間がかかる場合があります。自分がテストしたときには5から10分ぐらいかかりました。)
※Googleカレンダーについてはここ



【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 22:57 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする