2014年05月01日

写真の位置情報(ジオタグ)に注意

iPhone で撮影した写真はいろいろな手段でネット上に公開することができます。自分の作品をみんなに見てもらえるので楽しいことなのですが、ネットに公開する場合や第三者に写真を送る場合に写真に付属される「位置情報(ジオタグ-Geotag)」に注意する必要があります。

iPhone には GPS の機能があります。写真を撮影すると日付や時間などの情報と同じように撮影した場所の位置情報が記録されます。
自宅で撮影した写真には当然自宅の位置情報が記録されているので、他人が簡単に自宅の位置を知ることができてしまいます。撮影された場所を他人に知られたくない写真は「位置情報」が付いていない状態で公開しましょう。

「位置情報」の無い写真にする方法
(1)iPhoenで撮影時に位置情報が付かない写真を撮る
iPhoneの位置情報をオフにして撮影します。手順は次の通りです。

ホーム画面>「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「位置情報サービス」を「オフ」にします。

(2)写真から位置情報を削除する
 アプリ「Geotag Editor」などにより写真の位置情報を削除できます。
 アプリ『koredoko』を使うとiPhoneで撮影した場所を地図上で確認できます。
【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 17:54 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする