2014年02月23日

%パソコンの写真や動画を iPhone/iPad に転送する方法



この記事の最新版は ここ を参照ください。

パソコンの中にある写真や動画をiOS端末(iPhone/iPad)に転送する方法は色々あります。ここでは、1.基本的な操作方法、2.ワイヤレスSDカードリーダーを利用する方法 をご紹介します。
1.基本的な操作方法
パソコンのiTunesを使って、パソコンにある画像や動画を iOS端末に移行できます。
※iTunesがバージョンアップして11からは画面など変更になりました。11以降を利用している場合は、iTunesの画面上にあるメニューを操作して「サイドバー」を表示しておいたほうが操作しやすいです。
操作:画面上メニュー>「表示」>「サイドバーを表示」
※ファイル形式が iOS端末に対応していない場合は、形式を変換してから転送します。(写真の場合 JPEG形式なら問題ありません。)
(1)準備
転送はフォルダ単位で転送されるので、転送したい画像は「マイドキュメント」にある「マイピクチャー」の中にフォルダをつくり、そこにまとめておきます。
逆に転送したくない写真がある場合は、それらを別のフォルダに分けておくか、マイピクチャーの中からはずしておきます。
(2)iPhoneに付属してきたUSBケーブルをDockコネクタにつなぎ、片方をPCにつなぎます。
(3)次に「iTunes」を立ち上げます。
(4)iTunesの左側からの"デバイス"から自分の「iPhone」をクリックし、右側の上部にある「写真」をクリックします。
(5)「写真の共有元」が「My Picters」になっていることを確認し、「選択したフォルダー」にチェックを入れます。
(6)その下の転送したい画像があるフォルダーにチェックを入れます。
(7)動画を転送する場合は『ビデオを含める』にチェックを入れます。
(8)右下の「適用」をクリックします。
 写真の転送が開始します。画像の数や大きさによって時間がかかるので転送が終了するまでまちましょう。
2.iOS端末対応 USBメモリや SDカードリーダーを使う方法
iOS端末対応の USBメモリ『HooToo』や SDカードリーダー『MAS-A02A』があります。これらを使えば、パソコン中の写真・動画を iOS端末とデータ交換したり、iOS端末の空き容量を圧迫することなく、写真・動画・MSオフィス文章などの色々なデータを持ち歩き、iOS端末で利用できます。対応しているファイルは機器により異なります。各機器の詳細は次のリンク先を参照ください。
■iOS端末対応USBメモリ『HooToo
■Wi-Fi対応SDメモリーカードリーダー 『AirStash(MAS-A02A)

※iPhoneの写真をパソコンに転送する方法は ここ を参照ください。

iPhoneの初心者ならわからないことが沢山あるとおもいます。iPhoneから見られるマニュアル「iPhoneユーザーガイド」や市販のiPhoneの解説本を一読されることをオススメします。iPhoneは 7万円以上します。液晶保護フイルムは約1000円、ケースも多くは2000〜5000円ぐらいします。解説本は1000円ぐらいで購入できます。iPhoneは使いこなさないと勿体無いです。使いこなしてiPhoneを楽しんでください。わかりやすい解説本は ここ を参照ください。



【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 15:26 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする