2014年05月05日

%iPhoneで写真・動画を持ち歩ける Wi-Fi SDカードリーダーmaxell『AirStash(MAS-A02A)』



この記事の最新版は ここ を参照ください。
AirStash(MAS-A02)』はデジタルカメラなどで撮影した写真や動画が入っているSDカード内のデータを、iPhone/iPad などからワイヤレスで読み取れる Wi-Fi SDカードリーダです。Androidスマホにも対応しています。
接続には、専用アプリ「AirStash+」を使います。アプリをダウンロード後起動すると、無線LAN接続画面が表示され、AirStash を選ぶとダイレクトに接続できます。充電時間は約2時間なのに、利用時間は約7時間と長時間です。
【主な機能】
・デジカメで撮った SDカード内の写真/動画を iPhone などで再生。
・SDカード内に保存した写真/動画を iPhone などにダウンロード。
・PDF や文書ファイルを最大8台まで共有/閲覧。
・iPhone 内の静止画/動画を SDカードに保存。
・対応フォーマットは次の様になります。
 静止画: jpg / tiff / gif
 動画: m4v / mp4 / mov
 音声: AAC / MP3 / MP3 VBR / Apple Lossless / AIFF / WAV
 文書:doc / docx / xls / xlsx / ppt /pptx / pdf / txt / rtf
・外形寸法:幅33.2mm × 高さ92.5mm × 奥行き13.0mm(突起部を除く)
・質量:約41g(本体のみ)
※購入先情報は ここ


他にも類似した機能の機器が色々とありますのでご紹介します。
それぞれ(1)無線で接続してSDカード・USBメモリを利用できる機器、(2)直接接続してUSBメモリのように内部にデータを保存できる機器、(3)直接接続してSDカードを利用できる機器、(4)無線でデジタルカメラとデータ交換できる機器など特徴があります。オススメは無線で利用するのなら『MBSD-HS-03/MG』、直接接続して利用するのなら『LINK Power Drive』ですがそれぞれ特徴がありますので、ご自分の利用目的にあった機器を選ぶ参考になればと思います。
(1)無線で接続してSDカード・USBメモリ・外付けHDDを利用できる機器
MBSD-HS-03/MG』や『REX-WIFISD1』は Wi-Fi 経由で SDメモリーカードや USBメモリーなどを読み書き可能なデバイスです。『MBSD-HS-03/MG』は 1台でワイヤレスSDカードリーダーとWi-Fiルーター、モバイルバッテリーの3つの機能があります。『REX-WIFISD1』は Wi-Fi 経由で USB メモリや SDXC カードを読み書き可能なスマホ充電機能もあるメディアリーダーです。
(2)直接接続してUSBメモリのように内部にデータを保存できる機器
HooToo』や『LINK Power Drive』は iOS端末に直接接続して利用できる外付けメモリです。『i-FlashDrive HD』はパソコンで使う USB メモリのようにネットワークやパソコンを介さずに iOS端末のデータを移動&コピーできます。『LINK Power Drive』は iOS端末で撮影した写真や動画を内部にバックアップや一時保存を行う事で、 iOS端末の空き領域をすばやく確保したり、LINK Power Drive内のデータ(動画・映画・音楽等)を iOS端末から直接再生可能です。両方のデバイスともパソコンとも接続できます。
(3)直接接続してSDカードを利用できる機器
i-FlashDrive』は iOS端末に直接接続して利用できるSDカードリーダーです。iOS端末から SDカード中のデータ(写真や動画、音楽、MSオフィス文章など)を直接読み書きできますし、パソコンとも接続できます。扱えるデータの種類は機器により違います。
(4)無線でデジタルカメラとデータ交換できる機器
Eye-Fi Mobi』は デジタルカメラから直接 iOS端末/ Androidスマホのカメラロールへ写真や動画を自動で転送できる無線LAN内蔵のデジタルカメラ専用SDHC型メモリーカードです。このメモリカードはカメラに入れたまま利用できるので、デジタルカメラで撮影した写真をiPhoneで利用したい人にはとても便利です。



【デジモノの最新記事】
posted by AKI at 00:46 | デジモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする