2012年10月13日

【小技】iPhone で手ブレしないようにシャッターを押す方法



iPhoneのカメラで撮影するときに手ブレを防ぐ方法の紹介です。

iPhoneの「カメラ」アプリで撮影するときに、液晶画面のシャッターボタンを押すわけですが、シャッターボタンがキレルタイミングは、実は指を離すときなのです。

ですから、撮影するときにシャッターボタンに触れたままで準備しておき、撮影タイミングがきたら指を離すようにします。こうすれば、手ブレをしないようにシャッターを押すことができます。


iPhoneの標準の「カメラ」アプリには手ブレ防止機能はありませんが、手ブレ防止機能のあるアプリたとえば「プロカメラ」などを利用する方法もあります。

※多機能カメラアプリ『プロカメラ



【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 17:18 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする