2016年06月24日

【解説】解約したiPhoneは使えるのか?



解約したiPhoneは、イメージ的にはiPod touchのように使うことができます。ただし、当然ですが電話やSMS・携帯メールはできなくなります。会話アプリ(LINE、Skypeなど)やEメール、インターネットは、Wi-Fi経由で利用できます。ほとんどのアプリやGPSも利用できます。

※SIMカードを抜いてしまうと次の様なことが出来なくなることがあるようです。(SIMカードは、正式には携帯会社からの貸与品ですので、解約の際に本来は、返却します。)
・iOSの復元
・バックアップからの復元
・iOSのバージョンアップ
たとえば、iPhoneに不具合が発生した場合、復元により解決する場合があります。復元する時には、最終段階でSIMカード認証のアクティベーションがクリアされないとiPhoneは起動できない場合があります。
アクティベーションするには、SIMカードが必要ですが、SIMカードがなくてもアクティベート用のカードで対応できます。アクティベート用のカードが販売されていますので、詳細は「iPhone専用各種アクティベートカードのご紹介」を参照ください。もちろん非合法な製品ではありません。

※解約したiPhoneを家族・友人・知人に譲ったり、お店に販売する場合には、本体のデータ抹消する必要があります。2通りあります。(SIMカードを譲ることはできません)
(1)iPhone本体だけで行う方法
『設定』→『一般』→『リセット』→『すべてのコンテンツと設定を消去』
これで、iPhone内部データの完全抹消が行えます。
(2)パソコンのiTunesを使う方法
パソコンにiPhoneを接続して、iTunesで復元ボタンを押せばしばらく待てば初期状態になりますが、最終的にバックアップ選択画面になります。ここで『新しいiPhoneとして設定』を選択すればバックアップデータは戻らず初期状態のままでスタンバイ状態になります。

※SIMロックを解除したい場合は、SIMロック解除アダプターがあります。
iPhone7/7Plus/6s/6s Plus/6/6 Plus/5s/5c/5 なら「SIMロックとSIMロック解除」を参照ください。

iphone4Sなら『Kingmobile 【SIMロック解除アダプタ】 iOS8対応 ソフトバンクiPhone4S専用 Smartking-sb AX050SIM非対応』です。




【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 22:19 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする