2014年04月25日

【小技】iPhoneで多量の動画を持ち歩く方法



動画はサイズが大きいですので、最大で 128GB しかない iOS端末(iPhone/iPad)ではすぐに内蔵ストレージの空き容量は不足します。まして 16GB のiOS端末を利用している人ならiOS端末に動画を入れておくことはわずかしかできません。そこで 多量の動画を入れて iOS端末で視聴したい場合 SDカードリーダー『i-FlashDrive』を利用する方法があります。『i-FlashDrive』は SDカード中の動画や写真、音楽などのデータをiOS端末に直接転送できる機器です。ですから SDカードや microSDカードに動画を入れてこの機器を利用することによりiOS端末の本体ストレージを節約できます。
注意:利用にあたっては、ファイル形式が対応しているかにご注意ください。例えば、動画なら AVI / FLV / MP4 / MPV / M4V / MKV / MPG / RM / RMVB / TS / WMV に対応しています。
※『i-FlashDrive』の詳細についてはここを参照ください。
※デジタルカメラなどで撮影した写真や動画が入っているSDカード内のデータを iOS端末などからワイヤレスで読み取れる Wi-Fi SDカードリーダたとえば『AirStash(MAS-A02)』のような機器もあります。



【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 11:31 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする