2014年06月17日

【解説】海外で安心してiPhoneを使う方法



海外旅行に iPhone を持っていかれるかたもいらっしゃると思います。海外で電話やネットを利用した場合国内の料金とは違う(高額)だけでなく、国内では受信者が負担することのない受信料金が電話やメールにも発生します。そこで、無駄な出費をおさせるための注意事項についてご紹介いたします。ポイントは、1.海外で高額請求されない設定をする、2.万が一の場合に備えておくということになります。

1.海外で高額請求されないiPhoneの設定
電話もモバイルデータ通信も利用しない場合は、iPhoneの設定を次のようにしておく必要があります。
(1)「機内モード」オン。
(2)「データローミング」オフ。
(3)Wi-FiによりインターネットやEメールを利用したい場合は「Wi-Fi」オン。
機内モードオンもしくはデータローミングオフ後にWi-Fiオンの設定を行ってください。
※具体的な設定方法はこちら

2.万が一の場合に備えておく
紛失や盗難に備えておくことも大切です。特に盗難の場合、不正利用されて後日高額請求される場合がありますので、気がついたらすぐにキャリアに電話して、携帯電話の利用を中止することが大切です。そのために、必ずキャリアへの緊急連絡先を控えて持っておくことが重要です。

海外で利用するときのキャリからの注意案内
国内キャリアそれぞれが、ホームページに渡航時の携帯電話利用について設定や注意事項などを記載しています。ご利用のキャリアについては確認されることをオススメします。
NTT docomo海外渡航時のご注意
KDDI au海外でau携帯電話をご利用いただくお客さまへ
SOFTBANK海外でご利用時のあんしん設定

※iPhoneを使って海外でデータ通信する方法についてはこちらを参照ください。



【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 21:25 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする