2014年07月21日

【豆知識】iPhoneの写真を「Google+」に自動バックアップする方法

この記事の最新版は ここ を参照ください。

iPhoneで撮影した写真をSNSサービス「Google+」に自動的にバックアップする方法をご紹介します。
(1)アカウントとしてGmailを利用しますので、登録していないひとは用意しておきます。
(2)アプリ「Google+」をダウンロードします。
(3)アプリの「設定」から「カメラと写真」を選択し、「自動バックアップ」をオンに。
(4)「フルサイズのバックアップ」をオフにしておくと、大きな写真がリサイズされる(Google+では、長辺が2048ピクセル未満の写真、15分未満・1080p未満の動画は、保存容量にカウントされない)。
(5)バックアップするタイミングを「Wi-Fi経由のみ」にしておくと、データ通信の容量を食わないで済む。
(6)一番下にある「すべての写真と動画をバックアップ」をタップすると、撮影済みのデータのバックアップが開始される。

Google+では、無料で利用できる容量は15GBです。これは、GmailやGoogleドライブと共有で、たとえばGmailで5GB使用しているとしたら残りは10GBとなります。
有料のサービス料金は、100GBで月額1.99ドル(約203円)、1TBで月額9.99ドル(約1020円)と比較的安価です。100GBでも年間約2400円です。しかも、先ほど説明したように、一定のサイズ未満なら容量に含まれないので、工夫すればさらにお得に利用できます。
【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 14:58 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする