2016年02月19日

パソコンからiPhoneへファイルを入れる方法



パソコンに入れてある Office文章(Excel/Word) や PDF などの各種ファイルをiPhoneに入れて閲覧できたら便利ではないでしょうか?iOS端末(iPhone/iPad)では、セキュリティの関係で、USBメモリのように手軽にファイルを入れることはできません。USBメモリの場合、パソコンと接続すれば、後はドラッグ&ドロップで簡単にコピーできますが、このようなことが iOS端末ではできません。iOS端末では、ファイルを扱う場合アプリ単位になりますので、そのアプリが持っている機能でファイルの出し入れが行えます。もうひとつの方法としては、パソコンのiTunesを使ってiOS端末内のアプリにファイルを入れることができます。(ただし、この機能に対応していないアプリもあります。例えば『GoodReader』や『Documents 5』などが対応しています。)
ファイルをアプリにコピーする手順を説明します。
(1)iOS端末とパソコンをUSBケーブルで接続。
(2)パソコンのiTunesを起動。
(3)iTunes上段にあるiOS端末のマーク(ボタン)をクリック。
(4)iTunesの左側にある「App」をクリック。
(5)iTunes画面右側ウインドウを下にスクロール。
(6)「ファイル共有」が現れるので、ファイルをコピーしたいアプリを選択。
(7)選択したアプリの右欄に、コピーしたいファイルをドラッグ&ドロップ。
(8)コピーが開始される。
コピーが終了したらアプリを起動して、コピーしたファイルを閲覧できるか確認して見てください。
※iPhone/iPadとパソコン間でファイルを転送する他の方法はここを参照ください。




【iPhone/iPad関連の最新記事】
posted by AKI at 23:17 | iPhone/iPad関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする