2016年05月02日

バッテリーがもたない場合の対策



スマートフォン利用者の不満NO.1は、バッテリーのもち時間だそうです。
たしかに、バッテリーが切れたら大変です。iPhoneがタダの箱になります。連絡などやりたいことができなくなり非常に困ります。
iPhoneのバッテリー持ち時間は、充電後1,2日ぐらいではないでしょうか?毎日充電しているひとも多いと思います。そこで、バッテリーの持ち時間を改善する方法など対策をご紹介しますが、その前にiPhone 6s ではそもそもどれぐらいもつのかご確認ください。
0.バッテリーの持ち時間(iPhone 6s)
連続通話時間:3Gで最大14時間
インターネット利用:3Gで最大10時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間
HDビデオ再生:最大11時間
オーディオ再生:最大50時間
連続待受時間:最大10日間
1.節電設定をする。
できるだけ節電して無駄にバッテリーが消耗することを防ぎます。自分が必要としていない機能をオフにすることにより節電します。
●明るさを調整する。
●自動ロックの時間を短くする。
●Wi-Fi/Bluetooth を使わないならオフ。
●通知は最低限にする。
●Appのバックグラウンド更新はオフ。
●自動ダウンロードを無効にするはオフ。
具体的な設定方法は ここ を参照ください。
2.バッテリー管理アプリを使う。
バッテリーを管理できるアプリがあります。バッテリー残り容量で何をどれくらいできるかやどの設定がバッテリーにどんな影響があるかがわかります。
具体的には、『電池予報 2』があります。設定した目標時刻までバッテリーが持つようにナビゲートする「バッテリー切れ時刻の予報」機能を搭載しています。予報時刻やナビゲーションは、バッテリー残量による単純計算ではなく、そのデバイスやユーザーの使用傾向を分析して予報するなど精度を高めています。
3.モバイルバッテリーを使う。
バッテリー切れさせない最終手段は充電です。もちろん、屋外では充電できませんので、モバイルバッテリーを持ち歩きます。最近のモバイルバッテリーは性能良きので、以前に比べたり小型・軽量の割に容量が多いし価格もお手頃になってきました。オススメは、『Anker PowerCore 10000』です。iPhone6なら約4回充電できます。
4.バッテリーを交換する。
iPhoneのバッテリーは使えば次第に劣化して、いずれは使えなくなります。ですから、持ち時間が短くなったら交換したほうが良いでしょう。
ただし、一時的な不具合でバッテリーのもち時間が短くなることがあります。購入して 1,2年ぐらいなら、まずはパソコンのiTunesを使って「バックアップ→初期化→復元」してみると回復する場合があります。具体的な方法は、『iPhoneの調子が悪い時の対策方法』を参照ください。



posted by AKI at 00:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする