2016年06月04日

バッテリーの駆動時間を伸ばす「低電力モード」



iOS9 になって新しい機能として「低電力モード」が追加されました。
バッテリーの駆動時間を伸ばすための機能です。
1.機能
この機能により次のような抑制効果があります。
・動作中は画面の明るさが抑えられる。
・システムアニメーションが最小限に抑えられる。
・メールアプリなどのバックグラウンドでのダウンロードが停止。
・AirDropやiCloudシンクなどの連携機能が停止。
・アプリの自動ダウンロードが停止。
節電のために常にこの機能を使うというより、外出先でのバッテリー切れを防いで長持ちさせたい時に利用すると良い機能です。
2.設定方法
iPhoneのバッテリー残りが 20%になると「低電力モード」を選択するかが表示されます。
或いは、自分で設定できます。
「設定」>「バッテリー」>「低電力モード」をオン。
「低電力モード」になると、ホーム画面の上段右端にあるバッテリーアイコンが黒から黄色に変わります。





【日記の最新記事】
posted by AKI at 22:31 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする