2020年07月28日

iPhoneのウイルス対策



iPhoneは非常にセキュリティが高いOSでできています。
なので、個人情報を盗むようなことは可能性としては低いといわれています。

ただし、100%安全であるとはいえませんの、iPhoneもウィスルが感染する場合があります。
AppStore にあるアプリはウィルスを持っていない可能性が高いです。
感染経路の多くはウェブページです。
つまり、safariなどのウェブブラウザアプリを使っているときになります。
ウェブページ以外の可能性としては、AirDrop やメール、WiFi などが考えらます。

そこで、自分でできる感染対策をご紹介します。
(1)iOSやアプリは最新を使う。
(2)怪しげなウェブページは見ない。
  関連情報:詐欺サイトを見分ける7つの方法
(3)知らない Apple 製品からの AirDrop を受け取らない。
(4)フリーWiFi に接続しない。
  関連情報:無料のWi-Fiを使う時には注意が必要
(5)Safari をより安全な設定にする。
 設定> Safari>ここで次の設定にする。
 プライバシーとセキュリティ
 ・サイト超えトラッキングを防ぐ をON
 ・すべてのCookieをブロック をOFF
 ・詐欺Web歳との警告 をON
 ・Apple Pay の確認 をON



【日記の最新記事】
posted by AKI at 18:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする