2019年02月27日

iCloudの写真を削除する方法

iCloudストレージには、iPhoneで撮影した写真・ビデオを自動的にアップロードできます。
アップロードした写真・ビデオはバックアップ代わりになると同時に、他の端末(iOS端末やパソコン)から閲覧(共有)することができるなど非常に便利な機能なのですが、同時にiCloudストレージの容量を使います。
ですから、バックアップや共有する必要がなくなった写真・ビデオを削除すれば、iCloudストレージの空き容量を増やせます。
そこで、その方法をご紹介します。
1.個別に削除する方法
1-1.iPhoneを使う方法
「設定」>「名前」>「写真」>「iCloud写真」をONに設定した状態で、iPhoneの「写真」アプリを開いて、「アルバム」で個別に削除すれば、iCloudストレージ内の写真・ビデオも削除されます。

1-2.パソコンを使う方法
(1)パソコンのウェブブラウザで「iCloud.com」にアクセス。
(2)Apple IDとパスワードを入力してサインイン。
(3)「写真」をクリック。
(4) 削除したい写真を選択。
(5)画面の右上の「ゴミ箱(削除)」ボタンをクリック。

2.一括で削除する方法
すべてのを一括で削除したい場合には、iPhoneを使います。次の手順になります。
「設定」>「名前」>「iCloud」>「ストレージを管理」という順でタップ>「写真」を選択 > 「無効化して削除」をタップ > 「写真とテレビを削除」をタップ。
なお、すべての写真が不要なら、上の「一括で削除する方法」で削除できますが、設定や状況により端末に影響がある場合があるので、大切な写真・ビデオがある場合は、必ずバックアップや安全な方法で退避してから削除することをすすめます。
--
posted by AKI at 12:29 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする